« 第0087駅 十勝清水駅(北海道) | トップページ | 第0089駅 長万部駅(北海道) »

2010年2月17日 (水)

第0088駅 小樽駅(北海道)

訪問日:2007年3月3日(土)

所在地:北海道小樽市

小樽駅

小樽駅駅名標

<経路>

野幌(6:43)→小樽(7:50)・・・函館本線普通小樽行

2007年春、青春18きっぷがJR発足20周年ということで、8000円で売り出された。早速、購入し、久々の旅に出ることにした。

6時43分、721系に乗り込み、野幌駅を後にする。車内はそこそこ乗客で座席が埋まっている。札幌駅へ近づくたびに、乗客が増えていく。札幌駅で乗客がどっと降りたので、海側の席に移動する。銭函駅を過ぎ、日本海が間近に見られる。函館本線でも絶景の区間だ。やがて、小樽市街地に入る。7時50分、小樽駅に到着した。

721系

小樽駅は島式2面4線の駅である。快速エアポート、快速ニセコライナー、区間快速いしかりライナーが停車する。函館本線の電化と非電化の境目の駅でもある。

駅舎も1934年築の立派なものである。また、4番ホームは、小樽にゆかりのある石原裕次郎にちなんで、裕次郎ホームと名づけられている。石原裕次郎の等身大パネルも置かれている。

石原裕次郎等身大パネル

小樽は私の生まれ故郷でもある。小樽へ来るたびに何だか帰ってきたなと実感する。

これから、函館本線の通称「山線」を進むことにする。

次は長万部駅へ向かう。

« 第0087駅 十勝清水駅(北海道) | トップページ | 第0089駅 長万部駅(北海道) »

01-03北海道(後志地方)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545428/47589579

この記事へのトラックバック一覧です: 第0088駅 小樽駅(北海道):

« 第0087駅 十勝清水駅(北海道) | トップページ | 第0089駅 長万部駅(北海道) »

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ