01-07北海道(日高地方)

2010年4月14日 (水)

第0117駅 様似駅(北海道)

訪問日:2007年4月8日(日)

所在地:北海道様似郡様似町

様似駅

様似駅駅名標

<経路>

静内(10:01)→様似(11:25)・・・日高本線普通様似行

10時1分、キハ40系に乗り込み、静内駅を後にする。しばらくすると、列車の中からたくさんの馬を見ることができた。さすが、馬産地といった感じだ。11時25分、様似駅に到着した。

様似駅は単式1面1線の駅である。日高本線の終着駅だ。この先は、日高山脈に遮られるかのように、レールが途切れている。

結局、様似駅で降りたのは、自分も含めて6人だけだった。

様似駅からは襟裳岬へのバスが発着している。観光案内所も併設されているようだが、訪問日は閉まっていた。

日高本線はこれで完乗。再び同じ経路で帰路についた。

<帰路>

様似(12:08)→苫小牧(15:21)・・・日高本線普通苫小牧行

苫小牧(15:54)→白石(16:59)・・・室蘭本線普通小樽行

白石(17:10)→野幌(17:23)・・・函館本線普通岩見沢行

2010年4月13日 (火)

第0116駅 静内駅(北海道)

訪問日:2007年4月8日(日)

所在地:北海道日高郡新ひだか町

静内駅

静内駅駅名標

<経路>

苫小牧(8:01)→静内(9:37)・・・日高本線普通様似行

8時1分、キハ40系に乗り込み、苫小牧駅を後にする。列車には優駿浪漫と描かれている。列車は茫漠とした勇払原野を進む。車内は各ボックス席に一人というところだろうか。列車は鵡川駅で6分停車する。再び出発し、太平洋に躍り出る。鵡川駅、日高門別駅、新冠駅といった町の中心駅が近づくと、その町の紹介アナウンスが入る。9時37分、静内駅に到着した。

キハ40系

静内駅は相対式2面2線の駅である。日高本線の中核をなす駅だ。

駅舎も新しく、観光みやげ店や観光情報センターも同居している。もちろん、日高地方のパンフレットも揃っていた。

売店に行き、日高つぶめし弁当(900円)を購入した。一応、デパートの駅弁大会などでは、静内駅の駅弁も多数あったが、実際に現地で売られているかわからなかった。しかし、種類は少ないものの、駅弁は売られていた。とりあえず、駅弁は帰りの列車で食すとしよう。

日高つぶめし弁当

次は様似駅へ向かう。

ツイッター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ